物件の対象|マイホーム購入の際に役立つ知識|不動産屋の有効活用

物件の対象

つみき

復興支援住宅エコポイントとは

復興支援住宅エコポイントとは2011年10月21日から2012年10月31日に着工した物件に対してポイントが付与される制度です。どのような住宅でも対象になるというわけではありません。復興支援住宅エコポイントをもらうためには省エネ性能を満たしていたりトップランナー基準を満たした住宅である必要があります。更に新築の建築だけでなく住宅の省エネ化をするリフォーム工事を行った際にも該当工事に応じて付与されるポイントが決まっています。対象の住宅を建築あるいはリフォームしていれば申請費用などはかからず、手続きを行うだけでポイントをもらうことができます。以前の住宅エコポイントでは住宅を新築した際やリフォームを行った場合の最大付与ポイントは30万ポイントでしたが今回の復興支援住宅エコポイントの最大付与数は最大15万ポイントと半分になっています。ただし被災地は30万ポイントの付与を受けることができます。

ポイントの利用方法とは

復興支援住宅エコポイントは以前のエコポイントにもあった地球環境に配慮した省エネ化された住宅の促進、建設業界の活性化を目的としているのにプラスして東日本大震災の復興が追加されました。当初の住宅エコポイントでは付与されたポイントは即時交換として工事代金に充当することができました。もちろん即時交換以外にも専用のカタログがありそのカタログから商品を選択して交換することも出来ます。このカタログの中にはエコや省エネ化に関係する家電やサービスが含まれていました。電子マネーや企業の専用ポイントなど企業が環境整備活動に貢献している場合にはこのカタログに含まれているものもあったのです。 一方で復興支援住宅エコポイントでは以前のカタログと商品が大きく変わり電子マネーなどの商品が少なくなった代わりに復興支援ということもあり被災地の特産品や工芸品、サービスが選択できるようになりました。